header

tokusyoku

ペット業界で活躍するプロが後進育成のために設立した学校法人の専門学校です

業界が求める人財を育成します。

動物総合学科で幅広く動物の基礎知識を学べます

動物に関わる知識・技術を、コースの枠を越え、幅広く学習する学科です。幅広い知識・技術を持つ人財が、業界で求められています。

『ドッグオーナーシップ』(無償譲渡制度)により動物愛護・命の大切さを学んでいただきます

年間20万頭以上の殺処分されているペットたちこの国の殺処分0を目指します。動物愛護先進国イギリスの譲渡制度、アメリカのレスキューを導入。


介助犬・聴導犬の育成認可を持つ国内唯一の専門学校です

身体障害者補助犬法が施行され早や10年がたちました。
アジア動物専門学校は動物愛護のみでなく社会福祉にも貢献できる心ある人財を育成します。


「基礎」教育を徹底的に推進します

乱立する教育機関、アジア動物専門学校はこの道30年以上の実績者が経営運営している学校だからこそ基礎、基本の大切さを熟知しています。だからこそ卒業後に違いがでるのです。

「実習第一主義」を貫き、2年次には週4日の実習が保障されます

技術職を将来目指す学生にとって、実際に手を動かして体得する技術の質は、その時間や分量に比例します。特に本校のように『基礎』教育の徹底を中心に据えている場合はなおさらのことです。


大型犬から小型犬まで多種の実習経験が積めます

多くのモデル犬契約により実現する様々な犬種に対応できるシステムです。社会に出て、現場に入ったら、「対応した経験がない」なんて言えないのです。


就職に強いJKC、NAVA、ZPK、PSIA、PEIA、ICCのライセンス

JKC(一社)ジャパンケネルクラブ、NAVA(一社)日本動物専門学校協会、ZPK(一社)全国ペット協会、PSIAペットスタイリスト国際協会、PEIA(ペットエステ国際協会)、ICCインターナショナルキャットクラブ これだけのライセンスが取得出来るのはアジア動物専門学校だけです。

「学生支援センター」を設置し、入学から卒業まで丁寧に指導します

混迷を極めるこの時代だからこそ、希望の進路を一緒になって考えて実現するまで応援します。

10ペット業界の団体に強いネットワークを利用し、インターンシップ制度を充実させています

動物関連企業・動物病院・動物施設などあらゆる方面に張り巡らしたネットワークにより質の高い研修が出来るよう支援していきます。

11「人間力の育成」に力を入れ、社会に通用する人財を育みます

人間味の豊かな人財はいつの時代も「引く手数多」です。学生時代のあらゆる機会を利用して「心ある人財」を育成していきます。動物愛護の精神もこの中に含まれるのです。

【東日本大震災時に福島県で動物避難のボランティア活動】


12各種支援制度が充実しています

経済的な負担を軽減する様々な支援制度を設けています。詳しくは体験入学会で説明いたします。